はじめに

ICTは、21世紀産業活動のあらゆる面に浸透しつつある。
それを加速している基盤が

これらソリューションは、ICT基盤の飛躍的な発展と整備によって変革を遂げている。
とくにビジネス環境下におけるICTソリューションは、サービスを提供する側の関係者間のコラボレーションによって安定的に提供されていくものである。

弊社が提供するサービスは、個々の企業におけるビジネスと取引先(お客様)との関係をよりよくする上でサービスを提供する側の関係者が利用するPC、電話、タブレット端末などあらゆるコミュニケーションツールと、ビジネスチャネルをシームレスに統合したクロスメディアインターラクション(XMI)プラットフォーム上でのコミュニケーション・サービスを低コストで安定的に提供する上でのソリューションである。

サービス内容

その1
いつでも、だれからも、如何なるコミュニケーションチャネルからの問い合わせなどがあっても、それを即座にキャッチし、社内コラボレーションチームが適切な処理をし、迅速に解決する「ボイス」を軸とした「コミュニケーションサービス」
その2
いまコミュニケーションの主役は、電子メールとなっているが、「ボイス」も「電子メール」と同じような機能と操作性をもって利用できるサービス
その3
課題の適切な解決・処理のため音声コールを、通話中関係チームメンバーを呼び出し、その場で3名以上でミーティングが成立する「音声コラボレーション・サービス」
その4
着信呼(音声)のすべての着信時刻、交信時間、総呼数など呼に関わる音声コールログデータをサーバ側で蓄積、電子メールとまったく同じように自らのPCに蓄積、整理、検索、転送できるサービス
その5
緊急呼び出しなど、音声による「アウトバンドコールサービス」(一斉メール送信機能に準じる)
その6
ASPサービスとしての提供を原則とするため、初期投資不要でサービスの開始、停止、拡大、縮小が容易にできる「便利なサービス」

必要な装備、初期投資、サービス開始までの期間

既存の電話機、タブレット端末、PC等を原則そのまま活用するため、

  • 初期設定と管理画面の利用方法という、わずかなトレーニングのみで、特段の初期投資不要

  • 通信チャネルは、Existing Communications Infrastructureを利用

  • 2週間以内にサービス開始が可能(標準)

サービス運用の柔軟性/拡張性等

既存の電話機、タブレット端末、PC等を原則そのまま活用するため、初期投資不要です。

サービスの運用性は、電子メールと同様、それぞれの企業のメールに関するアドミニストレータが、音声メールについて、同様に運用、管理が可能(都度、ベンダーへ依頼必要とせず。)

サービスの拡張性は、極めて柔軟 たとえばVer.Upという従来型の手立ては必要としない。
マッシュアップに優れており、サービスの発展性に足枷はない。

電子メールと同様、蓄積した音声コンテンツの蓄積、整理、転送が可能です。
また電子メールへの添付が可能なため、様々なユースケースが生まれます。

ビジネスはどう変わるか

(1)
お客様の声を常に社内の最適な人が直に聞き、処理する体制がとれる。
(2)
リアルタイムのコミュニケーションの場に参画できなかった企業側のメンバーにも、音声メールを電子メールの添付ファイルとして送受が可能であるため、生の声にもとづく情報が共有でき、担当が変わってもお客様に同じことを尋ねる必要がない。
(3)
処理に必要な関係者間のミーティング環境がいつでも手軽に設定できる。
(4)
企業側の関係者は、いつでも、どこでもその場においてアクセス可能な端末から、対応、 参画できる。
(5)
お客様とのコミュニケーションのエビデンス(アクセスログや音声録音など)が記録、保存され、課題解決管理がしやすい。
(6)
接客状況の全てが記録され、サービス管理がしやすい。
(7)
企業側の関係者は、このオン、オフがきっちりと区別され、常にベストな状態で応対できる。
(8)
顧客DBが自動的に充実されていく。
(9)
問い合わせに応じ、応対窓口の拡張、縮小が柔軟にできる。
(10)
全社的展開に優れ、かつリーズナブルな価格で本サービスを利用できる。

適用領域(皆さまが新しくクリエイト)

―ヘルプデスク―
(1)
ECサイト受付センター
(2)
お客様問い合わせ(相談)センター
(3)
多角的経営を行う不動産オーナー向け
(4)
研究、開発部門
(5)
院内電話
(6)
外国語遠隔教育その他ソリューション
(7)
コールセンターをお持ちでない中小規模事業者の問い合わせ対応
(8)
大規模コールセンターの一部オペレータやスーパーバイザー等、ベテランが対応すべき問い合わせ内容への対応

※本PFを活用した「音声込みの遠隔教育」「遠隔趣味の集い」「遠隔習い事」などのソリューションも視野に入れている。

お客様(取引先)のベネフィット

(1)
お客様の声を常に社内の最適な人が直に聞き、処理する体制がとれる。
(2)
処理に必要な関係者間のミーティング環境がいつでも手軽に設定できる。
(3)
企業側の関係者は、いつでも、どこでもその場においてアクセス可能な端末から、対応、参画できる。
(4)
お客様とのコミュニケーションのエビデンス(アクセスログや音声録音など)が記録、保存され、課題解決管理がしやすい。
(5)
接客状況の全てが記録され、サービス管理がしやすい。
(6)
クレーム対応で威力を発揮する。
(7)
苦手とする音声サービスが、スマートなサービスに化け、かえって武器になる。
(8)
企業側の関係者は、このオン、オフがきっちりと区別され、常にベストな状態で応対できる。
(9)
顧客DBが、メンバー個々により充実することができ、マーケティングで威力を発揮する可能性をお客様に提供できる。
(10)
問い合わせに応じ、応対窓口の拡張、縮小が柔軟にできる。
(11)
全社的展開に優れ、かつリーズナブルな価格で本サービスをいくつもの小グループ規模でそれぞれ主体的に利用できる。

サービス料金

下記料金表は限定"10組"向けの価格です。
詳しくは お問い合わせく下さい。

基本サービス 3端末まで 4端末以上
1端末増す毎に
12,000円/月 4.000円/月
オプションサービス
(コラボレーション&録音)
3端末まで 4端末以上
1端末増す毎に
12,000円/月(注1) 4,000円/月(注2)

(注1)録音時間2時間/月まで 2時間を超える1時間ごとに+3,500円
(注2)録音時間2時間/月まで 超える1時間ごとに+3,500円

初期設定料金(トレーニングを含む) 3端末まで 4端末以上
1端末増す毎に
50,000円 5,000円
設定変更料金(トレーニングを含む) 3端末まで 4端末以上
1端末増す毎に
50,000円 5,000円

お試し期間として一ヶ月 無料でご使用できます。
SIP TRUNK 使用料は弊社で負担します。

概念図 システム構成図 顧客からの発信 顧客への電話

特徴

不在時自動分配機能
アルゴリズムによる振り分け。必ずシステム支援チームの担当にリーチする。
会話の自動録音機能
すべての会話がID別に録音され、会話終了直後から録音されたデータの再生が可能。
会話ログ機能(コール履歴)
ID別で通話開始時間や終了時間、誰と誰が通話したのかを記録。
付加機能として、録音データのキーワードを追記する機能
発信者番号、呼び出し番号による検索
キーワードによる検索機能
PDF,Excel等でのコールレポート作成機能

ご利用想定シーン

拡張分野

Webコラボレーション CMI機能
Webページの操作によりコールバックを受ける
Webページや資料の送信
会議のスケジュール予約
即時実施も可能
開始時間のメール通知機能

参考資料

IRISA(イリーザ)のレイヤー

IRISA(イリーザ)Subsystem IRISA(イリーザ)構造

IRISA(イリーザ)優位点

情報通信基盤を選択する場合に最も重量なことは
  • 変化に迅速に対応できる内部構造の柔軟性
  • 投資が生きる上位互換性
  • 安定性
今後の追加・拡張の際にすぐに対応可能
既存投資(プログラム)を再利用
されどコストは最小限で